読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おめでたいの鯛

頭がおめでたい

【体験談】 知らない人を殺す夢を見て人生変わりそう2

~前回までのあらすじ~

ひどい夢を見る→夢占いで良い結果→なんかいいことあるかも!

 

 

 

学校に着いた

 

公園で感じた心地よさはもうない、ただ暑くてめんどうで、なんらかわらない日常だった

 

”新しい自分に生まれ変わるチャンス”

 

そんなのは思い込みだったんだ

 

さっきまで意気込んでいた自分がバカみたいに思えた

 

はやく講義終わらないかな。。

 

 

コトが起こったのはお昼ご飯のときだった

 

「もう23日か~5月も終わりだねー」

 

友人のその一言に違和感を感じた

 

23日?月末?

 

脳内に記載された予定表を開き、月末のページをめくる

 

あった!

 

合宿の予定があった!

 

合宿の前までに髪を切りたかった

 

しかしずっとずっと後回しにしていた

 

今度こそ切ろう!予約をとろう!

 


最近、髪の毛が肌にあたってか、顔周りと首元がすごく荒れていた

 

「短くするのも似合いそうですよ」

 

先月担当してもらったのかわいい美容師アシスタントさんの言葉を思い出す

 


これはチャンスだ!

 

”新しい自分に生まれ変わるチャンス”

 

その言葉が何度も頭を駆け巡る

 

 

家に帰るとすぐに予約した

 

できるだけ早く切ろうと意気込んでインターネットで予約に走る

 

当日予約がギリギリ可能だったので、すぐに予約をした

 

夕飯を食べてから美容院に向かう

 

既に希望の髪型は決まっていた

 

 

美容院では最初から最後まで不安だった

 

今まで髪を短くしたことのないぼくが、襟足をなくし、前髪をあげるのである

 

かっこよく爆発したかのようなその髪を鏡で見る

 

おでこを出すのが恥ずかしい

 

しかし、この気持ちもまた新しい自分になった証のようで嬉しかった

 

気のせいか髪の毛が軽くなったと同時に、気分も軽くなっていた

 

帰り道に鼻歌を歌いながら自転車をこいでいたのは秘密である