おめでたいの鯛

頭がおめでたい

小学生に学ぶ夢の追いかけ方

 

 

ロケットパァァァァァァァァァァァァァァァンチ

 

並木道に響く男の子の声をきいた

 

小学校のすぐ目の前で、下校の子どもたちがにぎわっていた

 

 

ロケットパンチと聞いてすぐに想像したのはあれだ

 

手が胴体から離れて火をふいて飛んでいくやつ!

 

飛び道具はは子どもの憧れだ

 

忍者の手裏剣練習を幼稚園のころに何回やったことか

 

七夕のお願いでは、男の子はみんな「忍者になりたい」って書いてるくらい

 

 

そんな夢の必殺技の名前を叫ぶ男の子

 

さあ、どんなポーズでその技をきめているのか

 

視線を声の向くほうへ。。。

 

 

そこには、両手を前に突き出して、一生懸命走っている姿が!!

 

自分で走るんかーい!!

 

と思わず突っ込みをいれてしまったぼく

 

しかし、ロケットのように速く一生懸命走るその子の姿を見て

 

輝いてるな

 

と感じた

 

ぼくが同じことをしろと言われたら、なかなかできない

 

恥ずかしいもの

 

でも、その子は違った

 

かっこつけたいなんて欠片も思ってないだろう

 

ただ、本物のロケットパンチを撃ちたいんだ

 

不可能と分かっていても、できるだけそれに近づけようと一生懸命走った

 

かっこいいな

 

と素直に思った

 

ぼくも他人の目を気にすることなく、自分の目標へ走り続けると決心した