おめでたいの鯛

頭がおめでたい

【ホラー】夜8時、街灯の下でおばあさんに手招きされたんだけど・・・【じゃなかった】

 

久しぶりに行った教習所の帰りだった。

初めての路上教習でしかも2時間連続だったので、それなりに疲れていた。

 

 

夕飯なに食べようかなーと考えながら自転車にまたがったそのとき 

駐輪場の向かいの街灯の下で手招きをする小さな人影を見た。

めっちゃビックリして、自転車倒しそうになった。

 

しかし、よく見てみるとかなり年配のおばあさん。

世にも奇妙なアレかなーとも思ったが

特に透明に見えたり輪郭がかすんでたりはしない。

 

まだ手招きを続けている。

 

車椅子に乗っているから何か困ったことでもあるのかと思い、立ちよることにした。

 

「こんばんはー」と言いながら自転車をとめる。

「え?」と聞き返される。

「こんばんわー」再度大きな声で言ったが

 

聞こえないのか、首をかしげてから、語り始めた。

 

「そこの門がね、いつも開けっぱなしでね。もういやな感じよねー。前は閉めてくれてたのに。この前、言ったんだけどねー。」

 

何を言ってるのかよくわからなかったが

「そうなんですねー」うんうんとうなづいた。

 

「今ね、そこの車が出るからね、ほら出たよ。ここで曲がるんだよ。ほら曲がったね。これから東京方面へ向かうんだよ。錦糸町に行くんだ。」

「ん?あれはまた車か。また出ていくんだよこれが、いやになっちゃうね。」

「あの人は大きいね。太りすぎなんじゃないの?がははは」

 

通り過ぎる車や人を実況していくおばあさん。

ぼくは、すぐに帰るつもりだったのだが

 

 

今日は少しだけおばあさんとおしゃべりしよう。そう思った。

 

 

「そこに1人で住んでんだよ。寂しいでしょ?こんなおばあさん誰も相手にしてくれないからねえ。わたしゃ大ボケだよ。何歳に見える?97.6歳だよ。」

 

 「97.6歳ですか!?全然お元気そうに見えますね!!」

 

 

年配の方とこんなに話すのは、初めてかもしれない

今までは、スーパーで「それ取って」って言われるくらいかな

“おしゃべり”の仕方がわからなかった

 

果たしてぼくはこんな調子に乗った反応の仕方でいいのだろうか。。。

普段のぼくでも、リアクション大きいと言われることが何度かある。

 

 

そんな心配とは裏腹に、おばあさんはとても楽しそうにいろんな話をしてくれた。

 

「昔はよく働いたよ、ここらがみんな畑や田んぼで、きゅうりやとまとなんかを育てては売りにいったもんだ。リアカーに載せて、自転車でこいでいくんだよ。あの大きな橋も超えてさ。当時のじいさんばあさんにはよく褒められたもんだよ。わたしゃそこらじゃ有名人だったのさ。」

 「あのときは楽しかったもんさ~。うんうん、昔はよく働いたよ。若いのはいいねえ。」

 

他にも、昔の地名なんかもいろいろ教えてくれた。

 

20分ほど話をした。

 

「じゃあ、そろそろ時間も遅いので、今日は帰りますね。ぼくここの教習所通っているので、また来ますね。」

 

「たまには、ばあさんと話すのも悪くないでしょ?え?がははは」

 

「はい、とても楽しい時間でした。ぜひまたお話聞かせてください!」

 

「今度はね、なにかご馳走してあげるよ。ね、またいらっしゃい。」

 

「はーい、また来ますー。失礼しますー^^」

 

最後は手を握ってお別れをした。

 

肌が弾力がなく、骨が浮き出てるように感じた。

 

この20分がおばあさんにとって楽しい時間であったのならば、ぼくはうれしい。

 

 

 

こうして、家に帰ったのですが

ホントに最初はびっくりした。

おばけと思いました。

話してみると、認知症の方なのかなと思いましたが、意外と楽しくって、あまり愚痴愚痴言わない人もいるんだなーと。

あと、ボケって本人も理解してるんだなーと再確認。

一回認知症について勉強したことがあったのですが、もうすっかり忘れてしまってて。

おばあさんがどんな気持ちでなにを感じているかを考えるには、少し知識不足を感じました。

また少しそれについての本読んでから、またおばあさんと会えたらなーと思ってます。

 

普段話さない方と話せるのはいい機会だと思いました!