おめでたいの鯛

頭がおめでたい

【全く興味ない人のための】ディズニーランドの楽しみ方

f:id:otai:20160909105908j:plain

 

ディズニーランドは好きですか?

 

「別に好きじゃないけど、訳があって行く機会が多い。」

「恋人や家族がディズニー好きで、定期的に連れていかれる。」

そんな人もたくさんいると思います。

 

ぼくもそんなうちの1人です。

ディズニーはあまり知らない&金欠&体力ない系男子です。

興味もない金もない体力もないという3拍子。

楽しむために必要な要素が1つもそろっていません。

 

しかし、彼女に連れられて、年に2回も通い続けているので、

だんだん楽しみ方が分かってきました。

それを紹介します。

 

アトラクションに楽しさを求めるな!

ディズニーランドの入園料がアトラクションの利用料であると思っていませんか?

ディズニーランドはアトラクションを楽しむ場所だと思っていませんか?

 

それは大きな勘違いです。

 

ディズニーランドは夢の国です。

 

非現実を楽しむ場所なのです。

現実におけるあらゆるしがらみを捨てて、「今という時間に集中する」。

園内には時計がありません。過去も未来もすべて忘れて、今というときの流れを感じるのです。

 

ディズニーランドには、”今”に集中する仕掛けがたくさんあります。

例えば、アトラクションの並ぶ場所には、そのアトラクションのテーマに沿って、壁や天井や足元まで、さまざまな装飾がほどこされています。

移動中にも、建物や街灯、地面の舗装まで作りこまれており、エリアによってテーマが変わってきます。

さらには、音楽にもかなり凝っています。どのエリアにも、完全にピッタリな音楽がかかっています。

あらゆるものをなめまわすように観察しつつ、音楽に耳をすませると、もう完全にその世界に入り込めます。

思わず踊りだしちゃってもOK。

 

アトラクションはおまけだった

 

ディズニーランドは装飾と音響から作り出される

異世界の雰囲気を楽しむことに意味があります。

 

では、アトラクションにはどのような意味があるのか。

 

それは、飽きさせないためです。

いくらその世界に入り込めたとしても、さすがに1日中いたら飽きてしまうもの。

さらには、エリアが広すぎる。

全部回るのには、かなり消耗します。

そのため、アトラクションに乗るという移動するための理由作りが必要なのです。

 

理由があるから、移動できる。

移動するといろんな世界が待っているので楽しい。

 

また、アトラクションは、スリルやドキドキ、全く違う世界を楽しむことで、エリア観察が飽きないように気分転換の役割も果たしています。

 

キャストさんを観察しよう!!

 

彼らは、本当にすごいですよ。

いつでも笑顔で手を振ってくれます。

本当に楽しそうなあの笑顔はこちらまで思わず笑顔になってしまいます。

 

彼らはコミュニケーションの達人なのです!

道に迷っている人には、積極的に声をかけたり。

写真撮影だって頼まれちゃいます。

 

また外国の方に対しては、きちんと英語で会話していて、素敵だなーと思います。

 

たまにいる、お掃除のキャストさんは、掃除をしながらお客さんに芸を披露しています。

その芸がかなり凝っていて、自分の動きに合わせて音を鳴らしたりしているのですが。

両手を放した状態でどうやって音を出しているのか、どうやってタイミングを合わせているのか、もう不思議でたまりません。

お掃除キャストさんの周りに人だかりができていたら、少しのぞいてみましょう。

 

積極的に参加してみよう!!

 

ディズニーランドは参加することで、さらに楽しめます。

 

ミッキーマウスの産みの親ウォルト・ディズニーがディズニーランドに求めたもの、それはお客さまが映画の世界に入り、一緒に感動を作り上げていくことでした。
だからディズニーランドでは来園者をゲストと呼び、従業員をキャスト(共演者)と呼びます。

 

ということらしいのです。

 

入園するときを思い出してください。

たくさんのキャストさんに「いってらっしゃい」と笑顔を手を振ってくれたと思います。

こちらも「いってきます」と笑顔で手を振り返しましょう。

その瞬間、キャストさんの笑顔もより素敵になります。

 

また、アトラクションに乗るとき、降りるときも手を振ってくれますので、振り返してみましょう。

 

電車や船や車に乗ることもできるのですが、そのときはキャストさんが道行く人に手を振っています。

その多くの人が手を振り返してくれるので、こちらもまた手を振りましょう!

 

パレードなんかが通過するときは、キャラクターに手を振りましょう!

たまに、目を合わせてくれると嬉しくなっちゃいます。

 

楽しむ覚悟を決めよう

 

なぜディズニーランドは年々値上げしているのか。

それは、大金を出してまで楽しむ覚悟のある人にだけ来てほしいからです。

 

ディズニーがあんなに盛り上がっているのは

お客さんのおかげです。

 

自ら楽しむために、前々から情報を調べたり

撮影スポットを決めていたり、努力を怠りません。

 

覚悟さえあればだれでも楽しめるようになっています。

 

その金額分だけの覚悟できてる?

 

ディズニーはゲストを楽しませるために最大限の努力をしています。

こちらも楽しむための最大限の努力をするべきなのです。

 

あの着ぐるみは背が小さいからやっぱり中身は女性なんだろうなーとか。

アトラクションのこの設定は無理があるよなーとか。

 

そういうことを考えだしたら、頭の上で両手をぶんぶん振り回して、その思考をかき消してください。

 

夢ってのは‟見る”のが楽しいんだ。

ぶち壊すのはなんも楽しくない。

 

ミッキーは同時刻に1人しか存在しません。

見た目も心もミッキーです。安心してください。

 

精一杯楽しもう!

 

キャストさんが笑ってるんだから。

ゲストも笑おう!

 

キャストさんが手を振ってくれてるんだから。

ゲストも手を振り返そう!

 

 

何よりも、家族や恋人が楽しんでる姿を見るのが一番うれしいよね。

あなたの笑顔が、あなたの大切な人を笑顔にさせてるんだよ。