おめでたいの鯛

頭がおめでたい

知らない人と話すとエネルギーもらえる気がするよ

 

スーパーでおばあちゃんとちょっと話すとかさ。

公園で鳩おじさんとお話するとか。

バイト中にお客さんとちょっとだけ談笑するとか。

 

全く知らない人と、少し話すとなんか気分が良くなるんだよね。

 

知ってる人と話すよりも断然エネルギーがもらえる。

 

表情、表現、思考、雰囲気、オーラのその組み合わせがすべてオリジナルだから。

なんだか新鮮で、おもしろい。

 

一番いいのは、お互いのリアルについて全く触れないってところ。

全く知らないからこそ当たり障りのない話しかしない。

話が広がりにくいのはデメリットではあるけれど、気軽っていうメリットが大きすぎる。

 

まあ、もちろん、友だちと久しぶりに会うって方が楽しくってエネルギーもらえるけど。

知らない人と話すっていうのはいつも突然だからおもしろい。

予測もしないところで話しかけられたり、話しかけてしまったりするもの。

 

一番うれしいのは、道聞かれること。

最も話しかけるに適した人がぼくだと判断しわけでしょう?

優しそうとか、急いでなさそうとか、たくさん人がいる中で、総合的に判断してぼくに話しかける選択をしてくれたってこと。

そりゃあもう、その日一番の感謝をしながら、接してあげるよね。

 

この前さ、中国の方かな?

渋谷でお店の場所を聞かれてさー。

東京には住んでるけど地元以外は全く詳しくなくて。

全く知らないお店だったけど、そこらへんの人に聞いて、ぼくも実際に行って案内したよ。

英語で話しかけてきたからさーこちらも英語で対応しなきゃって思って

「案内するから一緒に行こうぜ」って意味で「go together!」って言っちゃった。

それ命令文なんだよなーw

「お前ら一緒に行けよ」みたいな意味になるのかな?

たぶん「going together!」で「一緒に行くおー!」って意味になったと思う。

そもそも「lets go together」で良くね?今気づいたよハハハ

 

全く知らない道を行ったわけだけど、無事たどりついて。

カタコトだけど「ありがとう」って日本語で言われた。

「どういたしまして」って堂々と日本語で返したよ。

こういうときは、しっかり母国語で返した方がかっこよくない?

 

 

あとはねー。

道端で人助けする機会が多い。

自転車持ち上げるの手伝ってーって声かけられたりとか。

車いすでスロープのぼる人をこちらから手伝ったりとか。

 

人から見たらぼくは、人助けをする模範的少年らしいけど。

ぼくからしてみたら、こちらこそありがとうなんだよなー。

だって、エネルギーもらってるもの。

人助けなんて自己満足だから。

相手が喜んでるかどうかなんて確信はない。

だから、笑顔でありがとうって言われたときにはその日一番の喜ぶを抱くよ。

今日の幸福度アップごちそうさまです。ありがとうございます。

その日寝るまで、幸福度高くなるからね。

 

そんなわけで今日、教習所でちょっとお話してくれた方ありがとう!!

ああ、感謝ってやべえ、気持ちがいいなぁ。