読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おめでたいの鯛

頭がおめでたい

心理学から見る。接客が楽しくて仕方なくなる方法

どうも、 ゆ←鯛 です。

先日、初めて鯛を調理しました。

共食いかっ!って一人つっこみして寂しくなりました。

 

さて、皆さんは接客は得意ですか?

接客というのは、想定外のことだらけ

マニュアルが機能しなくて、

たまにくるクレーマーがホントに怖い。

 

多くの人が接客を嫌う中で、

 

接客が好き!

お客様の対応をするのが好き!

接客が天職!!

 

なんていうクレイジーな人ってたまにいますよね。

 

はい!それぼくです!

仕事の中では接客が一番好きです!

 

そんなクレイジーなぼくがね。

接客を好きになった理由とか

好きになる方法とか

語っていきますよって記事です。

 

 

ぼくが接客好きな3つの理由

 

1、笑顔

接客中って笑顔になるんですよね。

もちろん、笑顔でいるべきだという考えもありますが、

笑顔でいるとなんだか楽しくなってくるんです。

 

脳科学的にも、作り笑顔が幸福度をあげることは証明されています。

最初は作り笑顔でいい。

そのうちだんだん楽しくなってくるから。

 

また、笑顔って連鎖するのよね。

ディズニーキャストって、めちゃめちゃ笑顔じゃん。

人をも笑顔にさせるほどの笑顔。

うん。

あなたの笑顔が、世界を変える

って言っても過言ではない。

 

2、お客さんを満足させたい。

接客って要は、どんだけお客さんを笑顔にさせるかだよね。

レストランで美味しく食べてもらうには、

店員の丁寧な接客が欠かせない。

 

店員の悪口を言いながらの食事なんか

飯がまずくなるだけだからね。

 

だから、店員との接触は前菜のようなものなんだよ。

感じのいい店員さんだったなって思ってもらえたら

その人はよけいおいしくご飯を食べられるんだ。

 

周りの人が幸せになってくれたら、自分も幸せじゃん。

周りの人が悪態ついてたら、自分も悲しいじゃん。

そういうことだよ。

 

3、人と話すのが新鮮

接客で一番おもしろいところって、

普段話さない人たちと接することができるってところ。

 

例えば、グラサンかけたいかつい人だとか

険しい顔したサラリーマンとか

絶対話す機会ないじゃん。

 

そういう人たちと話すことができるんだよ。

普段話さない人と話すとどうなるか。

 

新しい世界に気づくことができるんだよね。

この人は、世の中がこんな風に見えてるのか。

こんなこと考えてるのかって。

 

視座が高まるというか。

自分の世界も広がるよね。

 

接客好きになる方法

1、とりあえず笑顔をつくる

あなたの笑顔がお客さんを笑顔にさせる。

お客さんの笑顔があなたを笑顔にさせる。

これが正の連鎖ってやつよ。

 

2、不完全な自分を許す

完全にこなせない、活舌悪い、

マニュアルのないことは対応できない

って悩んでる人に言いたい。

 

それでいいんだよ。

それでいい。

困ったら、他のスタッフに頼ればいいし

そもそも失敗したら謝ればいいんだ。

もっと気軽に行こう。

人間失敗なんて誰にでもある。

失敗しても誠心誠意謝れば誰も責めないよ。

楽しくやるのが一番さ。