おめでたいの鯛

頭がおめでたい

運命の人なんて幻想!恋人と長続きしない人が勘違いしてること

こんにちは、 ゆ←鯛 です。

もうすぐで彼女と付き合って4年になります。

 

 

「恋人いるのいいなー」

「長く続いて羨ましいなー」ってよく言われますが

そういう人にかぎって

「あー、運命の人と出会えないかなー。」

なんて両手を胸の前に組んで空を仰いでたりする。

 

運命の人なんていねえよ!!

ってぼくは言いたい。

 

 

そもそも運命の人ってなに?

ぼくが‟運命の人”の存在を否定しているのは、

スピリチュアルな考え方だからではない。

むしろ、ぼくはポジティブ思考の運命論者である。

 

一般的に言われている‟運命の人”っていうのは、

出会う前から、価値観世界観が近く

一緒に過ごして障壁の少ない人ってこと。

 

自分と違う考え方の人と過ごしていると

たびたびストレスがたまるもの

 

お金に関しての考え方が違う人

言葉使いが荒い人

平気で人に迷惑をかける人など

 

ちょっとそれは無理

っていうどうしても譲れないボーダーを持っていると

一緒に過ごしてイライラしてしまう。

 

 

だから、元から自分と考えの近しい人とくっつくのが

もっとも手っ取り早くて過ごしやすい

 

確かにそういう考えもごもっともではある。

 

だけどさ、そんな人いる!?

 

パッと見、自分と似てるなって思う人でも

よくよく相手を知っていくと、どこかでやっぱり違うところが出てくる

 

完璧に自分と似てて居心地がMAXの人なんて

自分のドッペルゲンガーくらいだろうよ。

 

付き合うって何?

‟付き合う”っていう言葉を再定義しようか。

 

付き合うっていうのは、2人が密度の濃い共存をするってことだよ。

違う環境で育った2人が、いきなり共存をしようとすると

それぞれの‟当たり前”や‟常識”が違うため

さまざまな問題が発生する。

問題というのは、どちらかが譲って解決するしかない。

そう。

‟付き合い”は‟譲り合い”なんだ。

 

 

長続きしない人の特徴

 

恋人と長続きしない人は、この‟譲り合い”が出来てない人。

 

「どうして電気つけっぱなしなの?」

「どうして遅刻するの?」

「なんでこうなっちゃうの?」

 

と、自分にとっての‟当たり前”と相手の現状を比べてる人。

これは絶対に譲れないっていうボーダーが高い人。

 

そういう人は、すぐにストレスがたまるので長続きはできない。

 

潔癖症や完璧主義者などがよくこれに当てはまる。

 

 

長続きする人の特徴

長続きする人は、譲り合いが得意。

 

相手に求めるものを極限まで減らす。

相手のあるがままをすべて受け入れる。

 

こうあるべき

こうなってほしい

という固定観念がないから

相手のどんな行動にもストレスを抱きにくくなる。

 

 

恋人と長続きするための方法

 

相手を認めること。

 

口開けながら食べるのが気になる。

好みに合わない服装態度

デートに行きたい場所が気に入らない

などなど。

 

ぜーんぶひっくるめて、ぜーんぶ受け止めてあげる。

 

最初は、とっても難しいんだ。

 

世の中、こうあるべきだっていう

通称べきべき論で溢れてるから、

人に対して、こうあるべきっていう理想を抱いてしまうのは仕方ない。

 

でも、少しずつでいいんだ。

 

毎日1個ずつでいいから、許してあげよう?

 

 

人を許すことが結局自分を幸せにすることでもあるんだよね。

 

付き合いは譲り合い。

 

こっちが一方的に譲ることになっても、

 

それでも受け入れてあげよう?