おめでたいの鯛

頭がおめでたい

できる人に聞いてみた‼日常英会話ができるようになるための3STEP

こんにちは ゆ←鯛 です。

1か月前から英語学習に励んでいます。

 

英語学習は、楽しくやっているのですが

 

日々、頭を悩ませているものが1つ。

 

英語学習者が常に追求し続けているもの。

 

「どうしたら早く上達するのか」

 

そう、これ。

やっぱり効率はあげたいもの。

 

しかし、効率を上げるっていうのもなかなか大変。

自分でやってみない限り学習効率なんて分からない。

 

そこで、『「効率を上げる方法」を探す作業の』効率を上げる方法。

 

ずばり、成功者に聞くこと。

 

そこで、

海外在住経験なし、純日本人なのに英語ペラッペラ。

ネイティブが聞いても日本国籍を疑うほどの完璧な発音。

そんな、すげーーー人に、いろいろ聞いてきました。

 

STEP1に発音、2も発音

多くの人が軽視しがちな発音ですが

実は、日常会話にとっても大切な要素の1つでした。

 

walkとworkの発音の違いなど。

 

発音の違いを理解していないと

リスニングはもちろんうまく行かない

 

自分が話すスピーキングにしても、

発音が他の単語と混ざっているようでは

ネイティブの方には全く伝わらないのです。

 

ぼくも通話初日は

いかにカタカナ英語が無力か思い知らされたものです。

 

相手の言ってることを理解するため

そして自分の言ってることを相手に理解してもらうためには

自分自身の発音を極めるということが最重要となります。

 

んええっ!!

発音が最重要なのか!!って最初はぼくも驚きました。

 

でも、確かによくよく考えてみると、

ぼくらだって、日本語の発音がぐっちゃぐちゃの人と話すとなると

かなり消耗しますよね?

長時間話すとなると、かなり疲れちゃいます。

なので、

発音の正確さは

ネイティブと楽しく会話するのに

必要な条件ともいえます。

 

 

3、単語とイディオム

リスニング力は、最初は耳慣れです。

発音から概念を想起する思考回路の確立。

 

そのあとは、

どれだけ単語を知ってるかです。

英単語なんてもうほぼ無限にあるのだから。

 

知っていれば知っているだけ

たくさん聞き取れますよね。

 

知らない単語の発音なんて

到底理解のできない呪文と同じ。

 

単語とその発音、そして使い方の例文を覚える。

 

そうすることで英会話力は飛躍的にUPします。

 

 

まとめ

 

まずは、とにかく発音を極める。

 

そしたら、比例してリスニング力もある程度上がってくる。

 

リスニング力が上がってきたら、いろんな音声を聞く。

 

さらなるリスニング力を磨く。

 

そして最後に、単語とイディオムを集中的に学習して

 

英語をさらに極めていく。

 

一緒にがんばっていきましょう♪