おめでたいの鯛

頭がおめでたい

【大学受験 英語】まだ英単語やってんの?そろそろメインテーマを設定しようか

こんにちは、英語学習、悩んでますか?

 

とりあえず英単語やれとか

過去問解いてみろとか

長文みたすらやってろとか

 

いろんなこと言われると思います。

 

いろんな人がいろんなこと無責任に提案してくるけど、

じゃあ、結局なにやればいいの!!?

 

そんな人は、メインテーマを決めましょう。

テーマとは、いわば主軸となるもの。

軸となる方針さえ決まってしまえば、

あとはそれに沿って勉強するです。

何を勉強するのか、悩む必要は一切なくなります。

 

テーマの種類

 

テーマは5つあります。

 

英単語(発音・アクセント)

英単語(意味)

英文法

英短文

英長文

 

上から順番に視野のせまい順になっています。

 

英単語の順番で、文法が生まれる。

単語と文法で文章が生まれる。

といった形です。

 

狭く深くなるなら、上のテーマ。

広く浅くやるなら、下のテーマです。

 

最終的なゴールは、もちろん長文です。

長文のない入試はありませんから。

 

かと、言っていきなり長文の練習をしても空回りになることもあります。

範囲を広くとることで、一見すべてをカバーしているようにも見えますが

自分の苦手とする部分がわかりにくく、

苦手対策がおろそかになりがちになります。

 

すべてに万遍なくエネルギーを費やすより

苦手とする箇所に集中したほうが、学習効率が高いのです。

 

 

テーマ別解説

 

英単語(発音・アクセント)

 

英単語を丸暗記するのが苦手すぎる。

感覚的に、覚えたい。

そんな人におすすめ。

 

または、英文を疲れずに読みたい、目で読むのが難しい

そんな人にもおすすめ。

 

発音・アクセントを覚えることで、英文を読むのがリズミカルになり

速読効果もうまれるうえ、読むことに一切の抵抗がなくなる。

リズムまで読み取れると、自分のものにできる文章が増え

長文問題において大きな効果を発揮できる。

 

単語帳についているCDを有効活用し、

聞いては、読んで。読んでは聞く。

それを繰り返すことだ。

 

英単語(意味)

 

偏差値45未満の人には、絶対におすすめする。

中学英単語を完璧にしないと話にならない。

 

受験生の王道テーマ、英単語

やっぱり意味が分かってないと英文は絶対に読めない。

意味さえ分かってしまえば、文法なんて要らなった。

 

部分的に理解してしまえば、文脈でその他の意味もつなげられる。

ゴリ押し作戦すら通用する最強のテーマ。

 

だが、問題はあまりにもボリュームが多く、消耗戦になりやすいというところだ。

発音・アクセントとともに、覚える。

もしくは、例文や熟語などを丸暗記する、という手もあるので

なんとか工夫して覚えたいところ。

 

 

英文法

 

品詞があいまいな人。

前置詞につまづいている人におすすめ。

 

単語の意味は分かっていても、文法を理解していないと

文章が全く理解できない。

 

文章読解に必要不可欠な基盤ともいえる。

 

ここは、無難に英文法の問題集を買って解くのがいいだろう。

 

英短文

偏差値50~60の人にバリおすすめするテーマだ。

 

ちなみにぼくは英短文の学習始めて

偏差値53→68

入試において唯一の苦手教科から一番の得点源と化けた。

 

英単語は、あまりにも視野が狭い。

英単語としてインプットしたものは、英単語としてアウトプットできる。

しかし、文章としての英単語はアウトプットしづらいのだ。

応用をきかせるのに二度手間となってしまう。

かといって、いきなり英長文やるには、実力が低すぎる。

 

そこで、間をとった英短文の学習が大きな効力を発揮する。

 

英短文の学習では、

単語と文法を同時に覚えられるうえ、“文章単位”で学習をするため

見覚えのある文章が増え、正確な理解と速読が期待できる。

長文読解に最も優れた学習法だ。

 

学習方法としては、

英文法の教科書の例文や英単語帳の

例文を完全に理解することが必要になる。

自分の読む速さと全く同じ速さで理解する

その状態にもってくるまで反復練習をする。

あくまでも、暗記ではなく理解。

 

 

英長文

偏差値70未満の人には、絶対におすすめしない。

(もちろん入試直前は例外とする。)

単語や文法の習得、速読促進においては

学習効率があまりにも低い。

 

英長文の学習効果とは、

抜けていた穴をふさぐ程度だ。

 

ほとんど仕上がっている人の精度をあげるためのもの

パンチもできないのにリングに上がってもそりゃ練習にならないよね。

 

 

 

偏差値別テーマ設定の例

 

偏差値45未満の人は
メイン英単語、サブ英文法がいいだろう。

 

偏差値55未満の人は
メイン英文法、サブ英短文がいいと思う

 

偏差値60未満の人は
メイン英短文、サブ発音

 

偏差値65未満の人は
メイン発音、サブ英短文

 

偏差値70未満の人は、
メイン発音、サブ英長文

 

偏差値70以上の人は
発音アクセントに気を付けながら、永遠に長文やっといてください。

 

これはほんの例にすぎないので

自分の苦手とするものをしっかり見つけ出し

そのうえで、自分だけのテーマ設定をしてください。