読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おめでたいの鯛

頭がおめでたい

人を許すと爆発的に幸福度あがるので、許す方法とか心構えとか。

人を許すと幸福度が上がる

許すのは、自分のためだ

 

って言葉を初めて聞いたのが高2のときだったかな。

 

正直言うと

は?なに言ってんの?

許したら、この怒りどうすればいいの!?

って思ったよ当時は。

 

 

許してあげる。っていう言葉があるように

許すのは、相手のためにしかならない。

 

“許さない”ことで相手の不幸を望みたい。

相手は、それだけ報いを受けるべき。

 

だから、許す必要なんてない!

って思ってた。

 

 

でもさ、よく考えてみようぜ。

 

あなたが、誰かを許す許さないの選択をしたところで

なんか世界が変わることでもあるの?

 

 

この世界は、あなたとその相手と2人っきりで、

生まれるも死ぬも同じタイミングとかだったら

そりゃなんかちょびっと変わるかもしれないけどさ

 

ぼくらは、たった1人で生まれてたった1人で死ぬんだよ。

その過程で、いろんな人とかかわってるだけだよね。

 

そして、死ぬときに思い出すのって

楽しかった思い出だけなんだよ。

 

人生一度きりなのに、恨んでる時間とか、もったいなくない?

 

「アフリカの人があなたを許さないって言ってましたよー」

とか言われても

「ん?あ、そうなの?」

って思うよね?

 

え、だって一生会わないじゃん。

どこで恨み買ったんだろう。

うーん、まあいいや。

 

ってなるよね。

恨まれる側としては、すげーどうでもいいよね?

 

 

うん。

あなたが誰かを許しても許さなくても

世界は何にも変わらない。

 

 

世界に何も変化を起こせないのなら、

なんのために“許さない”選択をしてるのか。

 

うん、もう意味なんてなくなったよね。

 

ただ、自分がつらいだけ。

エネルギー消耗するし、気分はよくないし、

なんもいいことない。

 

忘れて、ご飯のことでも考えてたほうがよっぽどいい。

 

 

人を許す方法

 

許すことがいかに良い選択かは、わかっても

いざ許そうと思うと難しいものがあるよね。

 

ぼくも当時絶対に許せないって相手がいた。

恥ずかしながら恋のトラブルが原因だったんだけどね。

 

人を許すためには、まず許そう。

まず、許すと決断するの。

はい、許した。ってつぶやくの。

それでいい。

 

そんで、問題はその後だよね。

やっぱ、許せない・・・って。

めらめら怒りが募ってくるよね。

 

それで、そのことについて考えれば考えるほど

怒りはどんどん膨れ上がってくるよね。

 

うん、そこで、

がんばって考えるのをやめる。

 

やめようとしても、考えてしまう自分がいたとしても、

考え出すたびに、一回我に返って別のことを考えてみる。

 

ここはね、何度も反復で意図的に考えをとめるしかない。

何度も何度も繰り返してると

考えないくせがついてくるんだよ。

 

髪の毛でもさ

前髪をずっと右に流してると、自然に右に行くし

ずっと左に流してると、自然に左に行くようになるんだよ。

 

それと同じで、許せない相手のことを考えないように気を付けてると

だんだん考えなくなる。

 

そして、考えなくなったときに

初めて許せるようになるんだ。

 

許すっていうのは、相手の行動をすべて受け入れてあげるということではなく

相手の行動をスルーするっていうことなんだよね。

 

ぼくは、今確かに当時の彼を許してはいるけど

やっぱ考え出すと心がもやもやするよ。

だから考えるのをやめるんだ。

 

嫌なことからは逃げろってダイソーの社長も言ってたから間違いないよ。

 

嫌なことからは逃げろっていうのは

物理的にもそうなんだけど、

精神的にもそうなの。

嫌なことは考えるな。

他の事考えろってね。

 

 

他の事っていうのも難しいんだけど。

別になんでもいいんだよ。

ゲームの攻略とか、速く走る方法とか。

 

ぼくがよくやってたのは、

銀行の金利だけで生活するためには、いくら貯金すればいいんだろう、とか。

有料駐車場は、どういう料金システムで何人雇えば、どれくらい儲かるだろう、とか。

 

お金の計算大好きだから、そういうことばっかりやってました。

 

 

まとめ

 

とにかく嫌なことからは逃げろ。

逃げるのがつらくても逃げろ。

立ち向かう必要なんてないんだ。

逃げて逃げて遠くに行けば自然と忘れる。

それでいいんだ。