読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おめでたいの鯛

頭がおめでたい

反抗期という言葉を使う親はバカ

レジバイトをやっているといろんな人がくるもんだ。

 

ママ友同士でずっとしゃべってる人たちもたくさんいる。

ママ友に共通する話といえば、子どものことだ。

 

「うちの子も反抗期で~」

とかほざいていらっしゃる方を見て、ぼくはため息をついた。

 

 

子どもの個性表現を反抗期という言葉で片づけるな!

 

 

反抗期反抗期っていうけど、

その時期に子どもが何を考えてるか知ってるか?

 

「反抗期」でぐぐると

“反抗期 疲れ”

“反抗期 対処法”

とかいろいろ出てくるけど

 

結局、反抗期に子どもが何を考えているのか

についてきちんと書いてあるサイトが見つからなかったよ。

 

バカ親どもは

子どもが思い通りにならないことに感じる不満を

反抗期という言葉を使って「仕方ないよね」

って言いたいだけだろ

 

 

先に、結論いうけど

子どもを思い通りに動かしたいと思ってる親はバカ。

 

思い通りに動かしたくて強要のエネルギーを働かせるから

そりゃ子どもだって不満がたまって、いつしか爆発するものさ。

 

 

反抗期の子どもの気持ち

 

反抗期って言われる時期は、子どもの初めての意思表示の期間なんだよ。

 

今まで、言われるがままにしてきた

少しでも逆らえば怒られたりと、

何かしらデメリットを受けるから

ずっと従ってきた

 

親の理想通りに育つことが一番楽だった。

 

だけど、心の底にある自分の意志なるものが

だんだん大きくなって、ある日表に出る。

 

それが反抗期だよ。

 

自分の意志を伝えてるだけ。

自分はこうしたい、だからあなたの言う通りにはできない。

 

ただそれを伝えてるだけ。

 

 

バカ親の気持ち

バカ親どもは、意思表示を始めた子供に向かってこう言うんだ。

 

いいえ、私が正しいのです。

あなたは間違っています。

私のいうことを聞いていれば幸せになれるのです

だって人生経験の多い私があなたのためを思っての行動なのですから

とね。

 

みんなね、人生経験過信しすぎ。

私の方が何十年も長く生きていますから。

なんて思ってんのかもしれないけど

何十年も長く生きてたら、子育て本を何十冊も読んだのかって話よ。

 

結局、自分が親に受けた教育をそのまま受け継いでるだけだろ。

自分の中という圧倒的狭い世界の中で得た経験則に従ってるだけだろ。

本を読んで他人の意見を取り入れたり、

子どもと真剣に向き合って、自ら何かを学ぼうとしたり

そういう姿勢が一切ないんだよね。

 

時代が変わってることにそろそろ気付こうぜ?

 

かつては、みんなで農業やんなきゃいけない時代だったんだろ?

そりゃ、子どもが労力になるんだから、即戦力必要で

上からバシバシたたいた方が楽だったろうなあ。

 

でもさ、今、即戦力とか必要なの?

普通に屋根の下で寝れて、ご飯も食えて、義務教育受けられて、

そういう超平和な状態なのに、

上の命令は絶対みたいな、軍隊精神持たせる必要あるの?

 

将来、就職できれば安心

って時代じゃないってみんな分かってるよね?

 

個性表現が大事な時代だってみんな気づいてるよね。

なのに、周りと同じように動かなきゃいけないみたいなさ。

 

 

そんなお前は慣性の法則か何かですか!!

電車は止まったけど、乗ってる自分は進み続けまーす。

って、新手のギャグか何か?

すぐ壁にぶつかるってガキでもわかるぞ。

分かってるのに、自分だけ止まったら、

周りの流れに逆らうことになっちゃう。

とかぐちゃぐちゃ言ってないで、ちょっと端っこよればいいじゃん。

 

 

個性伸ばすために、認める教育してほしいなあ。

 

 

 

こうあるべき。

こうしなきゃいけない。

とかいう見えない枷をどんどんはめていくことが大人なのか。

 

どうせ成功しない。

夢なんて見ない方がいい。

可能性をどんどん奪っていくことが大人なのか。

 

そこらへんだよ。

子どもらの輝きを奪うなよ。

 

 

そもそもさ。

教育者として、どんだけ自分に自信あるの・・・。

完璧じゃないよね。

まだまだ成長中で未熟な成人だよね。

 

未熟であることを自覚してるなら

自分の劣化版コピーみたいのを生産する必要なくない?

 

子どもは自分のコピーじゃなくてオリジナルぞ。

オリジナルならではの輝きをさ。

生かしてあげようよ。

 

って思うんだけど、

この思い、どうしたら届くの?