【変圧器】違いが分かる!120V⇔100V・容量1000W徹底比較【価格・サイズ・仕様】

【変圧器】違いが分かる!120V⇔100V・容量1000W徹底比較【価格・サイズ・仕様】 渡航準備

この記事では、120V⇔100V・容量1000Wの変圧器を徹底比較していきたいと思います。

アメリカやカナダなどへ渡航準備中の方の参考になれば嬉しいです。

この記事の内容
  • 120V⇔100V対応で容量1000Wの変圧器について
  • 各変圧器の比較(価格・サイズ・重さ・プラグ形状など)
  • 項目ごとの違い

【変圧器】120V⇔100V対応│容量1000Wの比較

120V⇔100V対応で、容量が約1000Wの変圧器を調べてみると、下記の3種類がありました。

  • 【日章工業】NDF-1100U:降圧専用・容量1100W
  • 【日章工業】SK-1100U:昇圧/降圧・容量1100W
  • 【カシムラ】NTI-4:昇圧/降圧・容量1000W

他にも電子式の変圧器がありましたが、電子式変圧器は使用できる家電製品が限られています。

この記事では、どんな家電製品にも使えるトランス式変圧器をピックアップしてご紹介します。

比較一覧表

まずは、外観や価格・仕様を一覧にまとめました。(右にスクロールできます)

商品デザインAmazon楽天Yahoo!種類入力電圧出力電圧周波数容量本体電源プラグ出力プラグサイズ(幅×高さ×奥行)
重さコード長さ安全機能
日章工業
NDF-1100U
日章工業 NDF-1100U9,480円
Amazon
8,750円
楽天市場
8,262円
Yahoo!
降圧専用110V-130V100V50Hz/60Hz1100WAタイプAタイプ×185×103×110mm2.65kg約160cm温度ヒューズ/管ヒューズ
注意:切れたら復帰はできません
日章工業
SK-1100U
日章工業 SK-1100U11,305円
Amazon
11,132円
楽天市場
10,274円
Yahoo!
昇圧/降圧切替式110V-130V
100V
100V
110V-130V
50Hz/60Hz1100WAタイプAタイプ×187×105×137mm2.7kg約160cm温度ヒューズ/管ヒューズ
注意:切れたら復帰はできません
カシムラ
NTI-4
カシムラ NTI-418,202円
Amazon
16,401円
楽天市場
16,170円
Yahoo!
昇圧/降圧切替式110V-130V
100V
100V
120V
50Hz/60Hz1000WAタイプAタイプ×2125x100x165mm3.8kg約200cmサーマルプロテクタ(自動復帰)
ヒューズ内蔵
価格は、2022年7月21日現在の価格です。時期によって変動します。

同じ120V⇔100V対応・容量1000W~1100Wの変圧器でも、あなたのニーズによって選ぶべき変圧器は変わってきます。

ここからは、項目ごとに比較していくので、あなたに合った変圧器はどれか?見極めてくださいね!

価格

値段を比較してみると『日章工業 NDF-1100U』がリーズナブルです。

商品Amazon楽天Yahoo!
日章工業
NDF-1100U
9,480円
Amazon
8,750円
楽天市場
8,262円
Yahoo!
日章工業
SK-1100U
11,305円
Amazon
11,132円
楽天市場
10,274円
Yahoo!
カシムラ
NTI-4
18,202円
Amazon
16,401円
楽天市場
16,170円
Yahoo!
価格は、2022年7月21日現在の価格です。時期によって変動します。
リーズナブルな変圧器
  • 日章工業 NDF-1100U

≫≫ 比較一覧へもどる

変圧タイプ

海外で使う変圧器には、降圧専用(ダウントランス)変圧器と降圧・昇圧両用(アップダウントランス)変圧器があります。

降圧・昇圧両用(アップダウントランス)は、海外はもちろん、日本国内で海外家電を使用する場合にも使えるので、渡航先で購入した家電製品を日本に持って帰り、帰国後も使えるというメリットがあります。

降圧(ダウントランス):220Vから100Vに電圧を下げる変圧器

→海外で日本の家電を使用する時に、降圧(ダウントランス)を使う


昇圧(アップトランス):100Vから220Vに電圧を上げる変圧器

→反対に日本で海外の家電を使用する時に、昇圧(アップトランス)を使う


昇圧・降圧両用(アップダウントランス):降圧と昇圧のどちらもできる変圧器

→海外だけでなく、日本国内で海外製品を使う時にも役立つ

降圧
(ダウントランス)
昇圧
(アップトランス)
日章工業
NDF-1100U

110V-130V→100V
×
日章工業
SK-1100U

110V-130V→100V

100V→110V-130V
カシムラ
NTI-4

110V-130V→100V

100V→110V-130V

帰国後も海外で購入した家電製品を日本で使いたいなという方は、アップダウントランスの変圧器を選ぶといいです。

昇圧・降圧どちらにも対応している変圧器
  • 日章工業 SK-1100U
  • カシムラ NTI-4

≫≫ 比較一覧へもどる

入力電圧

対応している入力電圧については、3つの変圧器ともに『110V~130V』と同じでした。

アメリカやカナダ・台湾などの電圧に対応しています。

入力電圧
日章工業
NDF-1100U
110V-130V
日章工業
SK-1100U
110V-130V
カシムラ
NTI-4
110V-130V

≫≫ 比較一覧へもどる

本体電源プラグ

本体電源プラグとは、変圧器本体から出ている電源プラグで、渡航先のコンセント形状と合っている必要があります。

この記事で紹介している変圧器は、どれも『Aタイプ』でアメリカやカナダ・ハワイ・台湾などのコンセントに対応しています。

本体電源プラグ
日章工業
NDF-1100U
Aタイプ
日章工業
SK-1100U
Aタイプ
カシムラ
NTI-4
Aタイプ

コンセントが『Aタイプ』でない海外へ渡航される方は、変換プラグの準備が必要です。

≫≫ 比較一覧へもどる

出力プラグ

出力プラグとは、日本から持っていく家電製品の電源を挿す部分です。

この記事で紹介している変圧器は、どれも日本の家電製品のプラグ形状(Aタイプ)に対応しています。

違うのは、出力プラグの個数です。

1つの変圧器で2つの家電製品を同時に使用したい場合は、出力プラグが2つある変圧器を選択しましょう。

出力プラグ(個数)
日章工業
NDF-1100U
Aタイプ×1
日章工業
SK-1100U
Aタイプ×1
カシムラ
NTI-4
Aタイプ×2
出力プラグが『2つ』ある変圧器
  • カシムラ NTI-4

≫≫ 比較一覧へもどる

見た目・サイズ

変圧器をリビングやキッチンなど目立つところに置く場合は、インテリア性も気になりますよね。

正直、おしゃれだなと思う変圧器はありませんが、『カシムラ NTI-4』はシンプルな外観です。

また置き場所が狭い場合は、コンパクトな変圧器を選んでおくと、料理などの作業の邪魔になりません。

商品デザインサイズ(幅×高さ×奥行)
日章工業
NDF-1100U
日章工業 NDF-1100U85 × 103 × 110mm
日章工業
SK-1100U
日章工業 SK-1100U87 × 105 × 137mm
カシムラ
NTI-4
カシムラ NTI-4125 x 100 x165mm
コンパクトな変圧器
  • 日章工業 NDF-1100U(85×103×110mm)
シンプルなデザインの変圧器
  • カシムラ NTI-4

≫≫ 比較一覧へもどる

重量

重量の差は、約1キロです。渡航荷物を出来るだけ減らしたい方や、変圧器を動かす予定がある方は軽い変圧器を選んでおくといいです。

ただ、変圧器はまあまあ重いので、頻繁に動かして使用することは現実的ではありません。

また色んな家電製品のプラグを挿したり抜いたりしていると、うっかりミスで現地コンセントに直接つないでしまい故障なんてこともよく聞きます。

特に高価な空気清浄機やキッチン家電など壊したくないものは、1つの家電製品につき1つの変圧器用意しておくと故障リスクが減らせます。

別の対策としては、日本から持って行く家電のプラグに『変圧器に繋ぐこと!』と注意喚起タグを付けておくと、間違いが減らせます。

商品重さ
日章工業
NDF-1100U
2.65kg
日章工業
SK-1100U
2.7kg
カシムラ
NTI-4
3.8kg
軽い変圧器
  • 日章工業 NDF-1100U(2.65kg)
  • 日章工業 SK-1100U(2.7kg)

≫≫ 比較一覧へもどる

安全対策

この記事で紹介している変圧器は全て、一定以上の負荷がかかった時に電流を遮断することで機器を過電流から守るための装置、または一定の温度を超えると電流を遮断する安全装置が付いています。(ご家庭にあるブレーカーのような働きをするもの)

商品安全機能
日章工業
NDF-1100U
温度ヒューズ/管ヒューズ
注意:切れたら復帰はできません
日章工業
SK-1100U
温度ヒューズ/管ヒューズ
注意:切れたら復帰はできません
カシムラ
NTI-4
サーマルプロテクタ(自動復帰)
ヒューズ内蔵

どの変圧器も安全機能付きなので、万が一のときにも安心ですね。

ただし、日章工業の『NDF-1100U』と『SK-1100U』は、ヒューズが切れてしまったら復帰できません。

またカシムラの『NTI-4』は、切れてしまったヒューズを交換することができますが、ヒューズは別途購入する必要があります。

ギリギリの容量の変圧器を使用するのではなく、余裕を持った変圧器を使用することでヒューズが切れることを回避したいですね!

≫≫ 比較一覧へもどる

容量の計算方法

変圧器は負荷がかかった場合を考慮し、余裕を持って容量を選ぶ必要があります。

詳しくはこちら▶ 【海外赴任準備】変圧器の用意は必須?容量の計算方法は?

メーカーによって推奨される計算方法は異なりますが、簡単にまとめると下記の表のようになります。

必要な変圧器容量の計算方法

家電製品の一例

  • 熱を発する製品:アイロン・ホットプレート・ドライヤー・炊飯器・電気毛布等
  • モーター内蔵の製品:ドライヤー・空気清浄機・フードプロセッサー等
  • 起動時に大きな電流が加わる製品:ランプなどの照明器具等

電熱製品やモーター内蔵製品などであれば、日章工業が変圧器容量の余裕が少なくて済みます。

変圧器の容量消費電力目安
【連続使用】
消費電力目安
【電熱機器・モーター内蔵など】
日章工業
NDF-1100U
1100W880W1100W
日章工業
SK-1100U
1100W880W1100W
カシムラ
NTI-4
1000W800W330W~500W
※あくまで目安です。不明点がありましたら変圧器または家電メーカーにご確認ください。

連続使用する家電製品の変圧器容量については、日章工業・カシムラどちらも家電の消費電力×1.25で同じです。

熱を発する製品やモーター内蔵製品使用時に、容量の余裕が少なくていい変圧器
  • 日章工業 NDF-1100U
  • 日章工業 SK-1100U

≫≫ 比較一覧へもどる

まとめ

今回は、120V⇔100V対応・容量約1000Wの変圧器を徹底比較しました。

まとめると、

  • 価格重視:『日章工業』NDF-1100U
  • 帰国後も使いたい:『日章工業』SK-1100U・『カシムラ』NTI-4
  • デザイン重視:『カシムラ』NTI-4
  • 軽さ・サイズ重視:『日章工業』NDF-1100U
  • 2つの家電を同時に使いたい:『カシムラ』NTI-4
  • 熱を発する製品・モーター内蔵品など用:『日章工業』NDF-1100U・『日章工業』SK-1100U

となります。まずは「何を重視するか?」を決めると、変圧器を選んでみてくださいね!

※一部の変圧器は、発送に時間がかかる製品もあります。引越しの荷出しに間に合うように余裕を持って手配しましょう。

≫≫ 比較一覧をもう一度見てみる

▼この記事で紹介した変圧器 一覧

【日章工業】NDF-1100U│110V-130V⇒100V降圧│容量1100W

変圧タイプ降圧専用
入力電圧110V-130V
出力電圧100V
本体プラグAタイプ
出力プラグAタイプ×1
サイズ85 × 103 × 110mm
重さ2.65kg

【日章工業】SK-1100U│110V-130V⇔100V昇圧/降圧│容量1100W

変圧タイプ昇圧/降圧切替式
入力電圧110V-130V,100V
出力電圧100V,110V-130V
本体プラグAタイプ
出力プラグAタイプ×1
サイズ87 × 105 × 137mm
重さ2.7kg

【カシムラ】NTI-4│110V-130V⇔100V昇圧/降圧│容量1000W

変圧タイプ昇圧/降圧切替式
入力電圧110V-130V,100V
出力電圧100V,120V
本体プラグAタイプ
出力プラグAタイプ×2
サイズ125 x 100 x1 65mm
重さ3.8kg
タイトルとURLをコピーしました