【海外赴任準備】変圧器の用意は必須?容量の計算方法は?│変圧器一覧も

【海外赴任準備】変圧器の用意は必須?容量の計算方法は?│変圧器一覧も 渡航準備

海外引越しが決まったけれど変圧器って必要?日本の家電を持って行きたいけれど、どんな変圧器を選んだらいいの?

そんな疑問にお答えします。

この記事の内容
  • 変圧器の用意は必須?
  • 海外でなぜ変圧器は必要なのか?
  • 変圧器の種類について(アップトランス・ダウントランス・電子式・トランス式)
  • あなたに合った変圧器の選び方(メーカーによって違う容量の計算方法)
  • 日本で買える変圧器 一覧

海外引越準備で悩むのが変圧器の準備。買った方がいいのか、買わなくても何とかなるのか…

私も現地の家電を買ってもいいけど、日本で使っている家電を処分するのももったいないな~と悩みました。

結局、我が家は使用頻度の高くて消費電力の大きい家電は海外対応家電を購入・使用頻度の低い家電は日本から持っていて変圧器を使用しています。

変圧器を購入するか?しないか?で悩んでいる方・どの変圧器を選べばいいか分からない方の参考になれば嬉しいです。

変圧器の用意は必須?

変圧器を用意したほうがいいのかについては「日本の家電製品を海外で使いたいか?」で決まります。

海外で日本国内用の家電製品を使わない方⇒変圧器は『不要』です
海外で日本国内用の家電製品を使いたい方⇒変圧器は『必要』です

日本から家電製品を持って行かない方は変圧器はいりません。

また、最近ではパソコンや携帯の充電器などはマルチボルテージと言って、100V~240Vまで対応できるようになっている製品も多いです。その場合は変圧器なしで使って大丈夫です。

100V~240Vに対応していない日本の家電を持って行く場合は、変圧器の用意は必須になります。

海外ではなぜ変圧器は必要なのか?

日本の電圧は100Vと世界の国々の中で最も低いです。

一方、海外は国によって異なりますが、110V~240Vと日本と比べて電圧が高いです。

日本の家電製品を海外でそのまま使うと、電圧が強すぎて家電製品が故障し、発火することもあるので大変危険です。

海外で日本の家電製品を安全に使うためには、110V~240Vの高電圧を日本の電圧(100V)に変換してくれる変圧器が必要になるのです。

私自身、日本の家電を220Vのコンセントにそのまま挿してしまいモクモクと煙が出てきて焦りました。

幸い、発火はしませんでしたが、せっかく日本から持ってきた家電をダメにしてしまいました。

そんなことがないように、日本国内用の家電を海外で使う場合には変圧器を用意しましょう!

変圧器の種類について

最適な変圧器を選ぶには、まずどんな変圧器があるのか?を知ってください。

電圧をどう変化させるか?による違い

変圧器は、電圧をどう変化させるかによって3つの種類に分けられます。

ダウントランス(降圧変圧器)

ダウントランスとは、高い電圧を低い電圧に下げる変圧器のことです。

日本の家電製品を海外で使用するには、現地の電圧を100Vに下げてくれるダウントランスが必要になります。電圧を下げるので降圧変圧器とも言われます。

アップトランス(昇圧変圧器)

アップトランスとは、低い電圧を高い電圧に上げる変圧器のことです。

海外の家電製品を日本で使用するには、日本の電圧100Vを海外製品の対応電圧110V~240Vに上げてくれるアップトランスが必要になります。こちらは電圧を上げるので、昇圧変圧器とも言われます。

海外の家電製品を日本で使いたい場合は、このアップトランスの変圧器が要ります。

アップダウントランス(昇圧降圧切替式変圧器)

アップダウントランスとは名前の通り、アップトランスとダウントランスが一体となっていて、電圧を上げる・下げるの両方ができる変圧器です。

「日本製品を海外で使う・海外製品を日本で使う」のどちらも可能になります。降圧・昇圧兼用タイプなのでポータブルトランスとも言われます。


日本から海外に引越しする方は、ダウントランスまたはアップダウントランスの変圧器を用意することになります。

日本メーカーから選ぶ場合は、ダウントランスとアップダウントランスの価格は5千円程しか変わらないので、個人的にはアップダウントランスが帰国後も海外で購入した家電を使えるのでいいかなと思います。

(家庭用ダウントランス変圧器は、日章工業からしか発売されていません。2022.6現在)

変圧の仕組みによる違い

変圧器には電圧を上下させる違いによる区別と、もう一つ変圧の仕方(仕組み)の違いによって電子式トランス式の2つに分けられます。

詳しい仕組みの説明は専門的になるので省きますが、この仕組みの違いによって家電製品が使える・使えないが変わってくるので、その点を注意が必要です。

電子式

電子式変圧器は、電子回路で電圧を疑似的に変化させて出力する仕組みです。

メリット
  • トランス式よりも軽くてコンパクト
デメリット
  • 使えるのは熱機器に限られている
  • 対象外の家電製品を使うと故障する可能性がある

電子式は小さくて軽いので便利に思えますが、使える家電製品はドライヤーやアイロンなどの熱機器に限られています。

電子式変圧器が使えないもの
・液晶表示のある家電:電子炊飯器や電子レンジなど
・映像・音響家電:パソコン・TV・スピーカーなど
・ACモーター付き家電:洗濯機・布団乾燥機など
・温度調整のできる家電:ヘアアイロンなど

また、ドライヤーでもナノケア付きのものはマイコン(マイクロコンピュータ)が内蔵されているので電子式変圧器では使えません。

トランス式

トランス式変圧器は、コイルを使って電圧を上下させる仕組みです。

メリット
  • どんな家電製品でも使える(容量の確認は必要)
デメリット
  • 電子式よりも大きくて重い

トランス式は大きくて重いというデメリットはありますが、規定の容量(ワット数)さえ越えなければ、どんな家電製品でも使えるのが魅力的です。

海外赴任や長期留学など、長く海外に滞在する場合には、いろんな家電に使えるトランス式がおすすめです。都度、「この家電は使って大丈夫かな?」と確認するのって大変です。

まとめると、海外赴任者などにおすすめの変圧器は、アップダウントランス(昇圧降圧)トランス式変圧器がおすすめです。

あなたに合った変圧器の選び方

1. 使用する家電製品の対応電圧と消費電力を調べる

仕様する家電製品の対応電圧と消費電力を調べるには、製品本体もしくは説明書を確認してください。

対応電圧は、〇〇V(ボルト)もしくは INPUT 〇〇V(ボルト)と記載されています

100Vと記載されている場合は、ダウントランスの変圧器が必要になります。

100-240Vと記載されている場合は、世界各地で使える仕様なので変圧器は不要です。(変換プラグは必要な場合があります)

消費電力は、〇〇W(ワット)もしくは 〇〇VA(ボルトアンペア)と記載されています

1W=1VAと考えてください。(厳密に言うとわずかに違いますが)

2. 家電製品を使用したい国の電圧を調べる

次に、渡航国の電圧を調べましょう。

日本は100V、中国は220V、フランス220V、イギリス240Vなど様々な電圧があります。
※一部の国では地域によって電圧がことなる場合もあります。

3. 必要な変圧器の容量を計算する

変圧器は負荷が掛かったときの安全のため、余裕のもった容量を選ぶ必要があります。

変圧器メーカーによって推奨される計算方法は異なるので、今回は日本の老舗変圧器メーカーである『株式会社カシムラ』と『日章工業』の2社を例に計算してみます。

■株式会社カシムラ

昭和41年に設立された老舗メーカー。変圧器をはじめ車や海外旅行用品を手掛ける

■日章工業株式会社

創業54年になる変圧器総合メーカー。国内外用変圧器や変換プラグの製造を行う

まず変圧器容量の計算方法を各社見ていきます。

株式会社カシムラの容量計算方法

熱を発するモーター内蔵起動時に大きな電流が加わる製品は、消費電力の2~3倍必要

 ⇒計算式:消費電力(ワット数)×2~3=変圧器に必要な容量(ワット数)

  • 熱を発する製品:アイロン・ホットプレート・ドライヤー等
  • モーター内蔵の製品:ドライヤー・フードプロセッサー等
  • 起動時に大きな電流が加わる製品:ランプなどの照明器具等

連続使用(1時間以上)の場合は定格容量の80%を超えないように使用すること

 ⇒定格容量の80%とは、消費電力の1.25倍の容量が必要とも言い換えられます。

 ⇒計算式:消費電力(ワット数)×1.25=変圧器に必要な容量(ワット数)

日章工業株式会社の容量計算方法

1時間以上継続して使用する場合は、消費電力の1.25倍以上の容量が必要

計算式:消費電力(ワット数)×1.25=変圧器に必要な容量(ワット数)

・1回のご使用時間が1時間以下であれば同じ消費電力容量をもつ変圧器で対応可能です

どちらの会社も1時間以上の連続使用をする場合は、消費電力の1.25倍の容量が必要という点は共通していますが、熱を発する製品・モーター内蔵の製品・起動時に大きな電流が加わる製品については計算方法が異なります。

株式会社カシムラの変圧器は、熱を発する製品・モーター内蔵の製品・起動時に大きな電流が加わる製品は、消費電力の2~3倍の容量をもつ変圧器を推奨している点に注意が必要です。

例えば、消費電力1000Wのアイロンを使いたい場合・・・

アイロンは熱を発する商品ですが、1時間以上連続して使用はしないと仮定します。

株式会社カシムラの容量計算方法

消費電力(1000W)×2~3倍=2000~3000Wの変圧器容量が必要

日章工業株式会社の容量計算方法

消費電力(1000W)×1倍(同じ容量)=1000Wの変圧器容量が必要

このように同じアイロンでも、変圧器メーカーによって推奨されている容量が違ってきます。

熱を発する製品・モーター内蔵の製品等を使う場合は、日章工業株式会社の変圧器のほうが少ない容量の変圧器で対応可能となります。

このあたりは各メーカーにより計算方法が異なりますので、購入予定の変圧器の仕様を必ずご確認ください。

日本で買える変圧器 一覧

ここからは日本で購入できる変圧器(トランス式)を対応電圧ごとに紹介します。

必要な容量の計算方法の違いに加え、種類・サイズ・重さ・デザイン・容量設定の違いがあります。

110V-130V対応のアップダウン変圧器

メーカーごとに低用量→大容量の順にまとめています。

下記の表にある『本体プラグ』は渡航国のコンセントに挿すプラグのことで、『出力形状』とは日本から持って行った家電を挿すコンセントの形状です。

株式会社カシムラ(110V-130V)

株式会社カシムラの容量計算方法

熱を発するモーター内蔵起動時に大きな電流が加わる製品は、消費電力の2~3倍必要

 ⇒計算式:消費電力(ワット数)×2~3=変圧器に必要な容量(ワット数)

連続使用(1時間以上)の場合は、消費電力の1.25倍の容量が必要

 ⇒計算式:消費電力(ワット数)×1.25=変圧器に必要な容量(ワット数)

容量:300W

アップダウン変圧器

110-130V⇔100V

品番NTI-28
入力電圧AC110-130V、AC100V
出力電圧100V、110-130V
周波数50Hz/60Hz
大きさ80W x 120H x 68D(mm)
重さ1250g
本体プラグA
出力形状A

容量:1000W

アップダウン変圧器

110-130V⇔100V

容量品番NTI-4
入力電圧AC110-130V、AC100V
出力電圧100V、110-130V
周波数50Hz/60Hz
大きさ125W x 100H x 165D(mm)
重さ3.8kg
本体プラグA
出力形状A(2個付)

容量:1500W

アップダウン変圧器

110-130V⇔100V

品番NTI-149
入力電圧AC110-130V、AC100V
出力電圧100V、110-130V
周波数50Hz/60Hz
大きさ134W x 110H x 175D(mm)
重さ4.5kg
本体プラグA
出力形状A(2個付)

容量:2000W

アップダウン変圧器

110-130V⇔100V

品番NTI-150
入力電圧AC110-130V、AC100V
出力電圧100V、110-130V
周波数50Hz/60Hz
大きさ145W x 110H x 200D(mm)
重さ4.7kg
本体プラグA
出力形状A(2個付)

※110-130Vから100Vに変換するダウントランスは2000Wまで対応。100Vから110-130Vに変換するアップトランスは1500Wまでになります。海外では200Wまで使えますが、日本国内だと1500Wが上限になるのでご注意ください。

日章工業(110V-130V)

日章工業株式会社の容量計算方法

1時間以上継続して使用する場合は、消費電力の1.25倍以上の容量が必要

計算式:消費電力(ワット数)×1.25=変圧器に必要な容量(ワット数)

・1回のご使用時間が1時間以下であれば同じ消費電力容量をもつ変圧器で対応可能です

容量:550W

アップダウン変圧器

110-130V⇔100V

品番SK-550U
入力電圧110-130V、100V
出力電圧100V、110-130V
周波数50Hz/60Hz
大きさ71 × 85 × 116(mm)
重さ1.7kg
本体プラグA
出力形状A

容量:1100W

アップダウン変圧器

110-130V⇔100V

品番SK-1100U
入力電圧110-130V、100V
出力電圧100V、110-130V
周波数50Hz/60Hz
大きさ87 × 105 × 137(mm)
重さ2.7kg
本体プラグA
出力形状A

容量:1600W

アップダウン変圧器

110-130V⇔100V

品番SK-1600U
入力電圧110-130V、100V
出力電圧100V、110-130V
周波数50Hz/60Hz
大きさ152 × 140 × 190(mm)
重さ4.6kg
本体プラグA
出力形状A <2個付き>

容量:2200W

アップダウン変圧器

110-130V⇔100V

品番SK-2200U
入力電圧110-130V、100V
出力電圧100V、110-130V
周波数50Hz/60Hz
大きさ152 × 140 × 190(mm)
重さ8.1kg
本体プラグA
出力形状A <2個付き>

※1つの出力コンセントから最大1650Wまでの使用になります。(合計で2200Wまで)


容量:3300W

アップダウン変圧器

110-130V⇔100V

品番SK-3300U
入力電圧110-130V、100V
出力電圧100V、110-130V
周波数50Hz/60Hz
大きさ170 × 190 × 215(mm)
重さ11.8kg
本体プラグA
出力形状A <2個付き>

※1つの出力コンセントから最大1650Wまでの使用になります。(1650W×2つ=3300W)

220V-240V対応のアップダウン変圧器

カシムラ(220V-240V)


容量:550W

アップダウン変圧器

220-240V⇔100V

品番NTI-27
入力電圧220-240V、100V
出力電圧100V、220-240V
周波数50Hz/60Hz
大きさ125W x 100H x 165D(mm)
重さ3.6kg
本体プラグA
出力形状A・C兼用(2個付)

容量:1000W

アップダウン変圧器

220-240V⇔100V

品番NTI-18
入力電圧220-240V、100V
出力電圧100V、220-240V
周波数50Hz/60Hz
大きさ125W x 100H x 165D(mm)
重さ4.5kg
本体プラグA
出力形状A・C兼用(2個付)

容量:1500W

アップダウン変圧器

220-240V⇔100V

品番NTI-20
入力電圧220-240V、100V
出力電圧100V、220-240V
周波数50Hz/60Hz
大きさ134W x 110H x 175D(mm)
重さ6.0kg
本体プラグA
出力形状A・C兼用(2個付)

容量:2000W

アップダウン変圧器

220-240V⇔100V

品番NTI-151
入力電圧220-240V、100V
出力電圧100V、220-240V
周波数50Hz/60Hz
大きさ145W x 110Hx 200D(mm)
重さ7.1kg
本体プラグA
出力形状A・C兼用(2個付)

※220-240Vから100Vに変換するダウントランスは2000Wまで対応、100Vから220-240Vに変換するアップトランスは1500 Wまでの対応になります。


容量:3000W

アップダウン変圧器

220-240V⇔100V

品番NTI-119
入力電圧220-240V、100V
出力電圧100V、220-240V
周波数50Hz/60Hz
大きさ182W x 134H x 240D(mm)
重さ11.0kg
本体プラグA
出力形状230V用:SE×1個
100V用:A×2個

※海外で使う場合、1500W×コンセント2つ=合計3000Wです。1つのコンセントで1500Wを超えることはできません。(1500W+1500W、1000W+1000W+1000WのパターンはOK)

※220-240Vから100Vに変換するダウントランスは1500W×2=3000Wまで対応、100Vから220-240Vに変換するアップトランスは1500 Wまでの対応になります。

日章工業(220V)

日章工業の変圧器は、220V対応と230V~240V対応の2つに分かれます。

まずは220V対応の変圧器をご紹介します。

容量:550W

アップダウン変圧器

220V⇔100V

品番SK-550E
入力電圧220V、100V
出力電圧100V、220V
周波数50Hz/60Hz
大きさ103 × 113 × 151(mm)
重さ6kg
本体プラグC
出力形状A・C兼用

容量:1100W

アップダウン変圧器

220V⇔100V

品番SK-1100E
入力電圧220V、100V
出力電圧100V、220V
周波数50Hz/60Hz
大きさ118 × 143 × 165(mm)
重さ8.8kg
本体プラグC
出力形状A・C兼用

容量:1600W

アップダウン変圧器

220V⇔100V

品番SK-1600E
入力電圧220V、100V
出力電圧100V、220V
周波数50Hz/60Hz
大きさ152 × 140 × 190(mm)
重さ11.3kg
本体プラグC
出力形状A <2個付き>

容量:2200W

アップダウン変圧器

220V⇔100V

品番SK-2200E
入力電圧220V、100V
出力電圧100V、220V
周波数50Hz/60Hz
大きさ170 × 190 × 215(mm)
重さ15kg
本体プラグSE
出力形状A <2個付き>

※1つの出力コンセントから最大1650Wまでの使用になります。(合計で2200Wまで)


容量:3300W

アップダウン変圧器

220V⇔100V

品番SK-3300E
入力電圧220V、100V
出力電圧100V、220V
周波数50Hz/60Hz
大きさ185 × 215 × 240(mm)
重さ22.5kg
本体プラグSE
出力形状A <2個付き>

※1つの出力コンセントから最大1650Wまでの使用になります。(合計で3300Wまで)

日章工業(230V-240V)

容量:550W

アップダウン変圧器

230V-240V⇔100V

品番SK-550EX
入力電圧230V~240V , 100V
出力電圧100V , 230V~240V
周波数50Hz/60Hz
大きさ103 × 113 × 151(mm)
重さ6kg
本体プラグC
出力形状A・C兼用

容量:1100W

アップダウン変圧器

230V-240V⇔100V

品番SK-1100EX
入力電圧230V~240V , 100V
出力電圧100V , 230V~240V
周波数50Hz/60Hz
大きさ118 × 143 × 165(mm)
重さ8.8kg
本体プラグC
出力形状A・C兼用

容量:1600W

アップダウン変圧器

230V-240V⇔100V

品番SK-1600EX
入力電圧230V~240V , 100V
出力電圧100V , 230V~240V
周波数50Hz/60Hz
大きさ152 × 140 × 190(mm)
重さ11.3kg
本体プラグC
出力形状A <2個付き>

※2個のコンセントから同時に出力することは可能です。
ただし、出力電力(W)の合計値は必ず最大電力以下でご使用ください。


容量:2200W

アップダウン変圧器

230V-240V⇔100V

品番SK-2200EX
入力電圧230V~240V , 100V
出力電圧100V , 230V~240V
周波数50Hz/60Hz
大きさ170 × 190 × 215(mm)
重さ15kg
本体プラグSE
出力形状A <2個付き>

1つの出力コンセントから最大1650Wまで使用可能。
2つの出力コンセント同時使用で最大2200W使用可能。
例)1つの出力コンセントが1500W使用している場合、残りのコンセントは700W以下で使用できます。


容量:3300W

アップダウン変圧器

230V-240V⇔100V

品番SK-3300EX
入力電圧230V~240V , 100V
出力電圧100V , 230V~240V
周波数50Hz/60Hz
大きさ185 × 215 × 240(mm)
重さ22.5kg
本体プラグSE
出力形状A <2個付き>

1つの出力コンセントから最大1650Wまで使用可能。

2つの出力コンセント同時使用で最大3300W使用可能。
例)1つの出力コンセントが1650W使用している場合、残りのコンセントは1650W以下で使用できます

まとめ

以上、変圧器の種類や容量の計算方法・老舗日本メーカーの変圧器をご紹介しました。

色々な変圧器がありますが、『渡航先の電圧』と『使いたい家電製品の消費電力』で候補は2つぐらいにまで絞れます。

あとは、容量の計算方法やデザイン・大きさなど、お好みのものを選んでみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました