【変圧器】違いが分かる!120V⇔100V・容量1500W徹底比較【価格・サイズ・仕様】

【変圧器】違いが分かる!120V⇔100V・容量1500W徹底比較【価格・サイズ・仕様】 渡航準備

この記事では、120V⇔100V・容量1000Wの変圧器を徹底比較していきたいと思います。

アメリカなどの海外へ渡航する方の参考になれば嬉しいです。

この記事の内容
  • 120V⇔100V対応で容量1500Wの変圧器について
  • 各変圧器の比較(価格・サイズ・重さ・プラグ形状など)
  • 項目ごとの違い

【変圧器】120V⇔100V対応│容量1500Wの比較

120V⇔100V対応で、容量が約1500Wの変圧器を調べてみると、下記の5種類がありました。

  • 【日章工業】NDF-1500U:降圧専用・容量1500W
  • 【日章工業】SDX-1500U:降圧専用・容量1500W
  • 【日章工業】SPX-1600U:降圧専用・容量1600W
  • 【日章工業】SK-1600U:昇圧/降圧・容量1600W
  • 【カシムラ】NTI-149:昇圧/降圧・容量1500W

比較一覧表

まずは、外観や価格・仕様を一覧にまとめました。(右にスクロールできます)

商品デザインAmazon楽天Yahoo!種類入力電圧出力電圧周波数容量本体電源プラグ出力プラグサイズ(幅×高さ×奥行)重さコード長さ安全機能その他
日章工業
NDF-1500U
日章工業NDF-1500U10,277円
Amazon
9,700円
楽天市場
9,784円
Yahoo!
降圧専用110V-130V100V50Hz/60Hz1500WAタイプAタイプ×295 × 115 × 130mm3.4kg約180cm温度ヒューズ/管ヒューズ
注意:切れたら復帰はできません
日章工業
SDX-1500U
日章工業SDX-1500U19,212円
Amazon
20,920円
楽天市場
20,920円
Yahoo!
降圧専用110V,120V100V50Hz/60Hz1500WAタイプAタイプ×1133 × 156 × 127mm4.1kg約170cm過電流プロテクター(手動復帰)取っ手付き
インジケータ付き
日章工業
SPX-1600U
日章工業SPX-1600U32,693円
Amazon
30,550円
楽天市場
30,550円
Yahoo!
降圧専用110V-130V100V50Hz/60Hz1600WAタイプAタイプ×1
Aタイプ(アース付き)×1
118 × 149 × 240mm6.2kg約170cm過電流プロテクター(手動復帰)取っ手付き
インジケータ付き
USBポート付き
日章工業
SK-1600U
日章工業SK-1600U20,300円
Amazon
20,300円
楽天市場
18,549円
Yahoo!
昇圧/降圧両用110V-130V
100V
100V
110V-130V
50Hz/60Hz1600WAタイプAタイプ×2152 × 140 × 190mm4.6kg約170cm管ヒューズ
予備ヒューズ1本付き
取っ手付き
カシムラ
NTI-149
カシムラNTI-14919,435円
Amazon
18,280円
楽天市場
18,080円
Yahoo!
昇圧/降圧両用110V-130V
100V
100V
120V
50Hz/60Hz1500WAタイプAタイプ×2134 x 110 x 175mm4.5kg200cmサーマルプロテクタ (自動復帰)/ ヒューズ内蔵
価格は、2022年7月18日現在。

同じ120V⇔100V対応・容量1500W~1600Wの変圧器でも、変圧種類やデザイン・サイズなど、それぞれに特徴があります。

ここからは、項目ごとに比較していきます。

価格

120Vから100Vにダウントランスしてくれる容量約1500Wの変圧器で、安いのは『日章工業 NDF-1500U』です。

商品Amazon楽天Yahoo!
日章工業
NDF-1500U
10,277円
Amazon
9,700円
楽天市場
9,784円
Yahoo!
日章工業
SDX-1500U
19,212円
Amazon
20,920円
楽天市場
20,920円
Yahoo!
日章工業
SPX-1600U
32,693円
Amazon
30,550円
楽天市場
30,550円
Yahoo!
日章工業
SK-1600U
20,300円
Amazon
20,300円
楽天市場
18,549円
Yahoo!
カシムラ
NTI-149
19,435円
Amazon
18,280円
楽天市場
18,080円
Yahoo!
価格は、2022年7月18日現在。
低価格の120V→100V・1500W変圧器
  • 日章工業 NDF-1500U

≫≫ 比較一覧へもどる

変圧の種類

変圧の種類は、『120Vから100Vに降圧するダウントランス』『100Vから120Vに昇圧するアップトランス』『120V→100V・100V→120Vに昇圧も降圧もできるアップダウントランス』の3種類があります。

海外で使う場合は、『降圧(ダウントランス)』もしくは『昇圧・降圧両用(アップダウントランス)』のどちらかの変圧器を用意します。

『降圧(ダウントランス)』が使用可能なのは海外だけなのに対し、『昇圧・降圧両用(アップダウントランス)』は海外でも日本でも使用できるので、帰国後も海外現地で購入した家電製品を日本で使いたい場合には、『昇圧・降圧両用(アップダウントランス)』を選んでおくといいです。

降圧(ダウントランス):220Vから100Vに電圧を下げる変圧器

→海外で日本の家電を使用する時に、降圧(ダウントランス)を使う


昇圧(アップトランス):100Vから220Vに電圧を上げる変圧器

→反対に日本で海外の家電を使用する時に、昇圧(アップトランス)を使う


昇圧・降圧両用(アップダウントランス):降圧と昇圧のどちらもできる変圧器

→海外だけでなく、日本国内で海外製品を使う時にも役立つ

降圧
(ダウントランス)
昇圧
(アップトランス)
日章工業
NDF-1500U

110V-130V→100V
×
日章工業
SDX-1500U

110V・120V→100V
×
日章工業
SPX-1600U

110V-130V→100V
×
日章工業
SK-1600U

110V-130V→100V

100V→110V-130V
カシムラ
NTI-149

110V-130V→100V

100V→110V120V
昇圧・降圧どちらにも対応している変圧器
  • 日章工業 SK-1600U
  • カシムラ NTI-149

≫≫ 比較一覧へもどる

入力電圧

入力電圧に着目してみると、『110V-130V』または『110V・120V』の2つに分けられます。

入力電圧
日章工業
NDF-1500U
110V-130V
日章工業
SDX-1500U
110V・120V
日章工業
SPX-1600U
110V-130V
日章工業
SK-1600U
110V-130V
カシムラ
NTI-149
110V-130V

今回の渡航は110Vや120Vの国だけれども、今後130Vの国へも渡航する可能性がある方は、入力電圧が『110V-130V』の変圧器を選んでおくといいでしょう。

入力電圧『110V-130V』の変圧器
  • 日章工業 NDF-1500U
  • 日章工業 SPX-1600U
  • 日章工業 SK-1600U
  • カシムラ NTI-149

≫≫ 比較一覧へもどる

本体電源プラグ

本体電源プラグとは、変圧器本体から出ている電源プラグで、渡航先の国のコンセントに挿します。

この記事で紹介している120V対応・容量約1500Wの変圧器に関しては、すべて『Aタイプ』の電源プラグで、アメリカやカナダのコンセントと同じ形状になっています。

本体電源プラグ
日章工業
NDF-1500U
Aタイプ
日章工業
SDX-1500U
Aタイプ
日章工業
SPX-1600U
Aタイプ
日章工業
SK-1600U
Aタイプ
カシムラ
NTI-149
Aタイプ

渡航先のコンセントの形状がAタイプでない場合は、変換プラグを用意しておきましょう。

≫≫ 比較一覧へもどる

出力プラグ

出力プラグは、日本から持って行った家電製品のコンセントを挿す部分です。

この記事で紹介している変圧器は、日本のコンセント形状(Aタイプ)に対応しています。

ただし、プラグの数が違うので、1つの変圧器で2つの家電を使いたい方は、出力プラグが2つ付いている変圧器を選びましょう。

出力プラグ(個数)
日章工業
NDF-1500U
Aタイプ×2
日章工業
SDX-1500U
Aタイプ×1
日章工業
SPX-1600U
Aタイプ×1
Aタイプ(アース付き)×1
日章工業
SK-1600U
Aタイプ×2
カシムラ
NTI-149
Aタイプ×2
出力プラグが『2つ』ある変圧器
  • 日章工業 NDF-1500U
  • 日章工業 SPX-1600U
  • 日章工業 SK-1600U
  • カシムラ NTI-149

※出力は2か所から出来ますが、消費電力は2台合計して、変圧器の容量が上限となります。

≫≫ 比較一覧へもどる

見た目・サイズ

変圧器本体のデザインや大きさも、変圧器ごとに特徴があります。

インテリアに馴染ませたい場合は、すっきりシンプルなデザインの変圧器を選ぶといいでしょう。

また置き場所が限られている場合は、コンパクトな変圧器を選択すると邪魔になりません。。

商品デザインサイズ(幅×高さ×奥行)
日章工業
NDF-1500U
日章工業NDF-1500U95 × 115 × 130mm
日章工業
SDX-1500U
日章工業SDX-1500U133 × 156 × 127mm
日章工業
SPX-1600U
日章工業SPX-1600U118 × 149 × 240mm
日章工業
SK-1600U
日章工業SK-1600U152 × 140 × 190mm
カシムラ
NTI-149
カシムラNTI-149134 x 110 x 175mm
コンパクトな変圧器
  • 日章工業 NDF-1500U(95 × 115 × 130mm)
シンプルな変圧器
  • 日章工業 SPX-1600U
  • カシムラ NTI-149

≫≫ 比較一覧へもどる

重量・取っ手

引越しの荷物をできるだけ軽くしたい方や、変圧器を移動させて使う予定の方は、変圧器の重さや取っ手の有無を重視して選ぶといいでしょう。

ただ、重い変圧器を頻繁に動かすことは大変なので、個人的に、使う場所ごとに用意する方がいいかなと思います。(キッチンに1つ・寝室に1つなど)

コンセントを抜き挿しする回数を減らせば、うっかり変圧器経由を忘れて日本から持ってきた家電を故障させるリスクも減らせます。

商品重量取っ手
日章工業
NDF-1500U
3.4kg×
日章工業
SDX-1500U
4.1kg
日章工業
SPX-1600U
6.2kg
日章工業
SK-1600U
4.6kg
カシムラ
NTI-149
4.5kg×
軽い変圧器
  • 日章工業 NDF-1500U(3.4kg)
  • 日章工業 SDX-1500U(4.1kg)
取っ手の付いている変圧器
  • 日章工業 SDX-1500U
  • 日章工業 SPX-1600U
  • 日章工業 SK-1600U

≫≫ 比較一覧へもどる

安全対策

この記事で紹介している変圧器は全て、一定以上の負荷がかかった時に電流を遮断することで機器を過電流から守るための装置、または一定の温度を超えると電流を遮断する安全装置が付いています。(ご家庭にあるブレーカーのような働きをするもの)

商品安全機能
日章工業
NDF-1500U
温度ヒューズ/管ヒューズ
注意:切れたら復帰はできません
日章工業
SDX-1500U
過電流プロテクター(手動復帰)
日章工業
SPX-1600U
過電流プロテクター(手動復帰)
日章工業
SK-1600U
管ヒューズ
予備ヒューズ1本付き
カシムラ
NTI-149
サーマルプロテクタ (自動復帰)
ヒューズ内蔵

どの変圧器も安全機能付きなので、万が一のときにも安心ですね。

ただし、負荷がかかり過ぎてヒューズが切れてしまった場合の復帰方法に違いがあります。

日章工業の『SDX-1500U』『SPX-1600U』は手動復帰が可能で、『SK-1600U』は予備ヒューズが1本付いてるので自分で交換することができます。

カシムラの『NTI-149』も、ヒューズ交換で復帰することが可能ですが、ヒューズは付いていないので別途購入する必要があります。

日章工業の『NDF-1500U』は、ヒューズが切れてしまったら復帰はできないので注意が必要です。

変圧器の容量に余裕をもって使いたいですね。

≫≫ 比較一覧へもどる

容量の計算方法

変圧器は負荷がかかった場合を考慮し、余裕を持って容量を選ぶ必要があります。

各メーカーによって推奨される容量の計算方法は異なります。

詳しくはこちら▶ 【海外赴任準備】変圧器の用意は必須?容量の計算方法は?

簡単にまとめると、下記の表のようになります。

【変圧器】違いが分かる!120V⇔100V・容量1500W徹底比較【価格・サイズ・仕様】必要な変圧器容量の計算方法

家電製品の一例

  • 熱を発する製品:アイロン・ホットプレート・ドライヤー・炊飯器・電気毛布等
  • モーター内蔵の製品:ドライヤー・空気清浄機・フードプロセッサー等
  • 起動時に大きな電流が加わる製品:ランプなどの照明器具等

電熱製品やモーター内蔵製品などであれば、日章工業が必要な変圧器容量が少なくて済みます。

変圧器の容量消費電力目安
【連続使用】
消費電力目安
【電熱機器・モーター内蔵など】
日章工業
NDF-1500U
1500W1200W1500W
日章工業
SDX-1500U
1500W1200W1500W
日章工業
SPX-1600U
1600W1280W1600W
日章工業
SK-1600U
1600W1280W1600W
カシムラ
NTI-149
1500W1200W500W~750W
※あくまで目安です。不明点がありましたら変圧器または家電メーカーにご確認ください。
熱を発する製品やモーター内蔵製品使用時に、容量の余裕が少なくていい変圧器
  • 日章工業 NDF-1500U(家電の消費電力目安:1500W)
  • 日章工業 SDX-1500U(家電の消費電力目安:1500W)
  • 日章工業 SPX-1600U(家電の消費電力目安:1600W)
  • 日章工業 SK-1600U(家電の消費電力目安:1600W)

≫≫ 比較一覧へもどる

その他(消費電力表示・USBポート)

その他の違いとして、使用中の電気量がわかるインジケータが付いているものや、USBポートが付いている変圧器があります。

変圧器の容量に対してどれぐらい使っているのか電気量が気になる方や、USBで接続するタイプの家電を使いたい方は、要チェックです。

使用中の電気量がわかるインジケータ付き変圧器
  • 日章工業 SDX-1500U
  • 日章工業 SPX-1600U
USBポート付き変圧器
  • 日章工業 SPX-1600U

≫≫ 比較一覧へもどる

まとめ

今回は、120V⇔100V対応・容量約1500Wの変圧器を徹底比較しました。

まとめると、

  • 安さ重視:『日章工業』NDF-1500U
  • 帰国後も使いたい:『日章工業』SK-1600U
  • デザイン重視:『日章工業』SPX-1600U・『カシムラ』NTI-149
  • 軽さ重視:『日章工業』NDF-1500U
  • 熱を発する製品・モーター内蔵品など用:『日章工業』の変圧器
  • 多機能(インジケータ・USBポート):『日章工業』SPX-1600U

という感じです。優先項目を決めて、変圧器を絞っていけば簡単に選べると思います!

※一部の変圧器は、メーカー取り寄せ品などで発送に時間がかかる製品もあります。引越しの荷出しに間に合うように余裕を持って手配しましょう。

≫≫ 比較一覧をもう一度見る

▼この記事で紹介した変圧器 一覧

【日章工業】NDF-1500U│110V-130V⇒100V降圧│容量1500W

変圧タイプ降圧専用
入力電圧110V-130V
出力電圧100V
本体プラグAタイプ
出力プラグAタイプ×2
サイズ95 × 115 × 130mm
重さ3.4kg

【日章工業】SDX-1500U│110V,120V⇒100V降圧│容量1500W

変圧タイプ降圧専用
入力電圧110V,120V
出力電圧100V
本体プラグAタイプ
出力プラグAタイプ×1
サイズ133 × 156 × 127mm
重さ4.1kg

【日章工業】SPX-1600U│110V-130V⇒100V降圧│容量1600W

変圧タイプ降圧専用
入力電圧110V-130V
出力電圧100V
本体プラグAタイプ
出力プラグAタイプ×1
Aタイプ(アース付き)×1
サイズ118 × 149 × 240mm
重さ6.2kg

【日章工業】SK-1600U│110V-130V⇔100V昇圧/降圧│容量1600W

変圧タイプ昇圧/降圧両用
入力電圧110V-130V,100V
出力電圧100V,110V-130V
本体プラグAタイプ
出力プラグAタイプ×2
サイズ152 × 140 × 190mm
重さ4.6kg

【カシムラ】NTI-149│110V-130V⇔100V昇圧/降圧│容量1500W

変圧タイプ昇圧/降圧両用
入力電圧110V-130V,100V
出力電圧100V,120V
本体プラグAタイプ
出力プラグAタイプ×2
サイズ134 x 110 x 175mm
重さ4.5kg
タイトルとURLをコピーしました