【中国赴任】どのVPNにしようかな?とお悩みのあなたへ【おすすめ3選】

【中国】VPNどれにしよう?とお悩みのあなたへ【おすすめ3選】 渡航準備

中国への渡航準備をしている皆さん、もうVPNはどうするか決めましたか?

いろいろ比較しているけれども、どれがいいのか分からないという方へ向けて

今回は、中国でおすすめのVPNをご紹介したいと思います。

こんな方へ

・駐在、出張、留学等で中国へ渡航予定の方

・中国で実際に使えるVPNって何?と知りたい方

・どのVPNにするか悩んでいる方

VPNとは?

おすすめのVPNを紹介する前に・・・簡単にVPNについて。

VPNとは“Virtual Private Network(ヴァーチャル・プライベート・ネットワーク)”の略称で、

日本語では“仮想プライベートネットワーク”と言います。と言われてもよく分かりませんよね?

  • ネット規制がある中国で、日本と同様にインターネットを使えるようにするもの
  • 海外から日本の動画配信サービスを楽しむためのもの
  • インターネットの安全性・セキュリティを高めるもの

と思ってもらえれば大丈夫です。もう少し詳しく知りたい方はこちらから。

中国はなぜVPNが必要?

理由1:ネット規制されている

世界には、特定の情報へアクセスを制限するネット規制が行われている国があります。

有名な例が中国で、金盾(グレート・ファイアウォール)と呼ばれています。

この言葉は、外部侵攻から領土を守るために作られた万里の長城(The Great Wall=巨大な壁)と

ネット上のウィルスの脅威(火)からパソコンを守る壁(Fire Wall=防火壁)をかけた言葉です。

中国では、グレート・ファイアウォールによってネットを監視し、検索エンジンやSNSなどの

好ましくない情報をブロックしているので、日本と同じようにインターネットを楽しめません。

理由2:インターネットサイト側が海外からのアクセスをブロックしている

配信できるエリアが決まっている動画配信サービスや、日本国内での利用に限定されているサイト

例えば金融機関のサイトやゲームアプリなども、海外から見ることが出来ない場合があります。

そこでVPNの登場です。

VPNを使えば、IPアドレス(インターネット上の住所)を変えることができます。

仮に中国からアクセスしている場合であっても、「日本国内からアクセスしていますよー」と

みせかけることができます。

そうすることで、金盾(グレート・ファイアウォール)の監視やサイト側からのブロックを

回避することができるのです。

中国で見られないサイト例
  • 検索エンジン:Google(GmailなどのGoogle関連サービスも)
  • SNS:Twitter・Instagram・Facebook
  • 動画配信サービス:YouTube・Amazonプライム・Netflix・Hulu・TVerなど
  • その他、LINEやブログサイトなど

※VPN接続しても、国家行事のある時期やサイト側の規制強化によって見られない場合もあります。

VPNの選び方

気になるVPNを2~3つピックアップ

VPNを選ぶ基準は人それぞれ。

  • 見たい動画配信サービスが見られるか
  • 同時接続できる端末の数
  • コスト
  • 通信速度 などなど

なので、まず良さそうだなと思うVPNを数個ピックアップしてください。

出国前に日本で契約~アプリダウンロード~設定までする

中国に到着してからではVPNなしではVPNのホームページや設定方法のページを見られない場合や、

VPNアプリを端末にダウンロードできない場合もあります。

もちろん中国国内からアクセスできるVPNサイトもありますが、渡航してすぐに使えるように

日本国内で前もって準備していくほうが安心です。

中国到着後、各VPNを試す。

中国に渡航されたら、VPNを接続してみてください。

見たいサイトが見られるか・通信速度はどうか・操作方法は簡単かなど、

VPNによって異なると思いますのでお好みに合わせてチョイスしてください。

またVPNは突然つながらなくなることもありますので、メインとサブを用意しておくと安心です。

中国在住者がおすすめするVPN3選

それでは、実際に使っているものも含め中国在住者おすすめのVPNを紹介していきます。

セカイVPN

オフィシャルサイトセカイVPN
料金1,100円/月
同時接続台数3台
対応OSWindows・Mac・iOS(iPhone・iPad)・Android

・25年以上インターネットサービスを提供している日本の会社が運営

・アプリで簡単に接続でき、初心者でも使いやすい

・最大2ヶ月無料のお試し期間がある

中国在住の日本人の間で有名なVPNで、私の周りの駐在員・帯同家族も多く利用している印象です。

日本の会社が運営しており、設定マニュアル・問い合わせ対応も日本語なのでVPN初心者にも安心。

迷っていて決めかねていたら、とりあえずセカイVPNをお試ししてみればいいかなと思います。

かべネコVPN

オフィシャルサイトかべネコVPN
料金1ヶ月プラン      880円/月
3ヶ月プラン 2,340円(780円/月)
1年プラン  5,760円(480円/月)
同時接続台数4台
対応OSWindows・Mac・iPhone・iPad・Android・Fire Tablet

・使わない日は繰り越し可能(最大契約期間の50%)

・1日16円~でお財布に優しい

・日本の会社が運営しており日本語対応◎

かべネコも中国在住の日本人に有名な日系VPNです。

最大の特徴は、使わない日は自動繰り越しできるので、毎日はVPNを使わないかなって方や

コストを抑えたい方におすすめです。

NordVPN

オフィシャルサイトオフィシャルサイト【NordVPN】
料金1ヶ月プラン     1,370円/月
1年プラン 11,400円(950円/月)
2年プラン 22,800円(950円/月)
同時接続台数6台
対応OSWindows・Mac・iPhone・iPad・Android・Fire Tablet

・最新のセキュリティテクノロジーを採用、サーバー設置国は世界60ヶ国

・同時接続6台まで可能なので、同時にたくさんの端末を使う方に

・24時間年中無休のライブチャットサポート、30日間の返金保証あり

とにかくサーバー台数が多い!60ヶ国に5,400台設置されているのでサーバーの負荷が少ない!

さらに次世代の暗号化通信で、セキュリティをより重視したい方におすすめです。

また同時接続が6台なので家族が多い方や、スマホとパソコン等を同時にたくさん使いたい方にも◎。

1ヶ月プランは少し高いですが、今ならお得なキャンペーン中。

・1年プランなら40%割引  11,400円/年(950円/月)→6,840円/年(570円/月)※最初の1年間

・2年プランなら51%割引 22,800円/年(950円/月)→11,400円/年(460円/月)※最初の1年間

30日間の返金保証もあるので、お試しで使ってみてもいいかもしれません。

まとめ

中国のネット規制は、時期や場所によっても変わってきます。

無料お試し期間を上手く使いながら、ご自身に合ったものを見つけてくださいね!

ちなみに私はずっとセカイVPN を使っています。

タイトルとURLをコピーしました