美団自転車(シェアサイクル)乗車方法・使い方

海外生活

こんにちは!たいたいです。

前回の美団自転車(旧モバイク)の登録方法をご紹介してから、

すっかり時間が経ってしまいましたが、今回は美団自転車の使い方をご紹介します。

こんな疑問をお持ちの方へ

美団自転車に登録したけど、どうやって乗ったらいいの?

料金は?

シェアサイクルを使う時に注意することは?

美団自転車の乗車方法・使い方

乗り方は簡単です!

まず街中に駐輪されている黄色の自転車を探します。

黄色の自転車が見つかったら、美団のアプリを開き、右上にある “ 骑车 ” の部分をタップします。

次に、画面下にある “ 扫码用车 ” をタップ。

するとQRコードが読み取る画面になるので、自転車に貼ってあるQRコードをスキャンします。

自転車のQRコードはサドル下か、ハンドルとハンドルの間(真ん中)にあります。

たまに勝手に貼られた広告のQRコードがあるので、それは読み取らないようにしてください。

QRコードを読み取ると、あなたが乗ろうとしている自転車の位置が表示されます。

画面下にある “ 确认开锁 ” をタップして自転車の鍵を開錠します。

するとすぐにガチャガチャっと音がしてロックが外れます。

ロックが外れたら、あとは目的地に向かって出発!

美団自転車に乗っている時は、スマホ画面に走行時間・走行距離・料金が表示されます。

目的地に到着したら、自転車を停める場所を探します。

スマホの地図上でP(青枠)と表示されている場所に停めて下さい。

自転車を停めたら、自転車を返却する操作をします。

“ 我要还车 ” をタップすると、あなたの自転車は返却可能な場所にありますか?と確認されるので、

返却可能な場所に停めていることを確認して “ 确认还车 ” をタップします。

その後、費用明細が表示されるので使用料金を支払います。

これで、自転車の返却ができました。

料金

初乗り料金は、最初の30分の乗車を含めて1.5元です。

それ以降は30分ごとに1元です。1時間乗っても2.5元で、50円もしないので安いです。

たくさん美団自転車を使う方は、月額料金などでもっと安くなるプランもあります。

注意すること

実際に乗ってみて、気を付けたほうがいいなと思ったことです。

自転車を停める場所

自転車を停めていい場所が決まっています。

アプリの地図上で、青枠Pの区域に停めれば大丈夫です。

青枠の駐輪場以外に自転車を置いた場合は、5元の管理費が徴収されます。

また駐輪禁止区域に停めた場合は10元、運営区域から出て駐車すると最高20元の管理費が追加されます。

これは美団アプリ上の地図に表示されているので、そちらをご確認ください。

私は、目的地近くに駐車できる場所がなくてウロウロしたことがあるので、

初めて行く場所であれば出発前に、停められる場所があるかを確認しておくといいと思います。

サドルの高さ調整

サドルは身長に合わせて、高さを変更できます。

サドル下に170とか数字が書いてあるので、ご自身の身長に合わせてください。

たまにネジがゆるくなっていて、乗っていると下がってくるものがあります。

自転車を探す時に、大丈夫そうか確認してください。(ブレーキも)

乗り心地

日本の自転車と違って、ハンドルと前カゴが一緒に動きません。

曲がろうと思ってハンドルをきっても、前カゴはまっすぐ向いたままなので

最初は違和感があるかもしれませんが、すぐに慣れます。

またサスペンションが付いていないので、タイヤの衝撃がダイレクトに伝わってきます。

特に段差を通るときは注意してください。

私は少し高めの歩道に勢いをつけて入った時、手にガンッ!と衝撃がきて痛い思いをしました。

その他

ライトが付いていません。夜に乗るときは気を付けてください。

また道路にあいている穴や、後ろから音もなく抜かしてくる電動バイクにも注意です。

のんびり景色を見ながら自転車に乗っていると、気がついたら電動バイクにあおられています。

まとめ

今回は、美団自転車(シェアサイクル)乗車方法を紹介しました。

日本と交通事情が違うので、注意が必要な点もありますが、

簡単に乗れて行動範囲も広がるので、ぜひ試してみてください!

タイトルとURLをコピーしました